フードアートとは」ページ"> 宮崎牛赤富士をつくった<br class="pc">フードアートとは | 宮崎牛赤富士

宮崎牛赤富士をつくった
フードアートとは

フードアートとは、食材を使って様々な形を作り上げる「食べ物を使ったアート作品」のことです。フードアートは近年、世界中で盛り上がっているアートで、日本でもキャラ弁という形で注目を集めています。

キャラ弁

今回、宮崎牛を使い、晩夏から初秋の早朝に富士山が朝日で朱色に染まる現象である「赤富士」を表現しました。赤富士は、一瞬しか見られない美しさから縁起が良いとされており、見た人は災厄から免れたり、商売繁盛などの願いが叶うと言われています。

キャラ弁

いかがでしょう。離れて見ると勇壮で美しい赤富士にみえませんか。
この富士山がお肉で作られているとは少し見ただけでは分からないのではないでしょうか。

でも近づいて、よく見ると・・・
ちゃんとお肉で作られています。

さらによく見るとブロッコリー以外の野菜も見つかるかもしれません。
ぜひスペシャル動画で確認してみてください。

「宮崎牛赤富士」制作に使用した宮崎牛
総量25.6㎏(テスト用8.3㎏・本番用17.3㎏)
※テスト撮影で使ったものも含む