トピックス

2017.09.24

タンやホルモンは宮崎牛と呼ばない?

焼肉でタンやホルモンが大好き!という方は沢山います。

なので、全国和牛能力共進会で3大会連続、最高位の名誉賞である内閣総理大臣賞を受賞した宮崎牛のタンやホルモンをぜひ食べてみたいという方も多いと思います。

ですが、宮崎牛と言えるのは枝肉(頭・内臓・尾・肢端〈したん〉をとり去った肉)の部分のみなんです。

枝肉の代表的な部位でいうとカルビやヒレ、ロースといったところです。

具体的には、約16の部位に分けられているようです。

 

●ウチモモ ●トモスネ ●ソトモモ ●ランイチ

●シンタマ ●サーロイン ●ヒレ

●ナカバラ ●トモバラ ●リブロース

●カタロース ●マエバラ ●シャクシ ●ネック

●トウガラシ ●マエスネ

 

もちろん、宮崎産まれ、宮崎育ち、かつ指定された和牛の父を持つ黒毛和種で、肉質等級4等級以上という宮崎牛の規定をクリアした上での話です★